いつか消える文章

本当は、ペンとノートを持ち歩くことにあこがれている。

読書

『鬱の本』を読み終える

『鬱の本』を読み終える。 鬱の本 点滅社 Amazon 鬱の本、というより、「鬱と本」だと思った。どん底の状態のときにどんな本を読んで救われたか、気が紛れたかというようなことが、見開き一ページ単位でまとめられている。 読んでいてことさら不思議だと感じ…

『万国奇人博覧館』を読み終える

『万国奇人博覧館』(著:J-C・カリエール、G・ベシュテル 訳:守能信次)を読み終える。 万国奇人博覧館 (ちくま文庫) 作者:カリエール,J.‐C.,ベシュテル,G. 筑摩書房 Amazon 古今東西、老若男女問わず、人間の奇行についてまとめた本。

『ヒトは〈家畜化〉して進化した ― 私たちはなぜ寛容で残酷な生き物になったのか』を読み終える

『ヒトは〈家畜化〉して進化した ― 私たちはなぜ寛容で残酷な生き物になったのか』(著:ブライアン・ヘア、ヴァネッサ・ウッズ 訳:藤原多伽夫)を読み終える。 ヒトは〈家畜化〉して進化した 作者:ブライアン・ヘア,ヴァネッサ・ウッズ,藤原多伽夫 白揚社 …

『完全教祖マニュアル』を読み終える

『完全教祖マニュアル』(著:架神恭介、辰巳一世)を読み終える。 完全教祖マニュアル (ちくま新書) 作者:架神恭介,辰巳一世 筑摩書房 Amazon タイトルのとおり、○○の教祖になるために必要なTipsが、ユーモアたっぷりの文体でまとめられた本。 あとがきで著…

『エネルギーをめぐる旅 文明の歴史と私たちの未来』を読み終える

『エネルギーをめぐる旅 文明の歴史と私たちの未来』(著:古舘恒介)を読み終える。 エネルギーをめぐる旅――文明の歴史と私たちの未来 作者:古舘恒介 英治出版 Amazon エネルギーと人の歴史、そもそも「エネルギー」とはなんぞや、人間社会とエネルギーの結…

『孤独のレッスン』を読み終える

『孤独のレッスン』(著:齋藤孝、中条省平、奥本大三郎、南條竹則、鈴木雅生、岸見一郎、新元良一、適菜収、下重暁子、岸惠子、田中慎弥、高村友也、林望、荒木飛呂彦、石戸諭、吉川浩満、角幡唯介)を読み終える。 孤独のレッスン (インターナショナル新書…

『「読む」技術 速読・精読・味読の力をつける』を読み終える

『「読む」技術 速読・精読・味読の力をつける』(著:石黒圭)を読み終える。 「読む」技術~速読・精読・味読の力をつける~ (光文社新書) 作者:石黒 圭 光文社 Amazon 文章の"読みかた"に関するテクニック集。 副題にある「速読」「精読」「味読」を著者…

『知ってるつもり 無知の科学』を読み終える

『知ってるつもり 無知の科学』(著: スティーブン・スローマン、フィリップ・ファーンバック 訳:土方奈美)を読み終える。 知ってるつもり 無知の科学 (ハヤカワ文庫NF) 作者:スティーブン スローマン,フィリップ ファーンバック 早川書房 Amazon 世界の…

『アバターワーク メタバースが生み出す時間、場所、身体から解放された働き方』を読み終える

『アバターワーク メタバースが生み出す時間、場所、身体から解放された働き方』(著:株式会社 往来)を読み終える。 アバターワーク メタバースが生み出す時間、場所、身体から解放された働き方 作者:株式会社 往来 エムディエヌコーポレーション(MdN) A…

『出セイカツ記 衣食住という不安からの逃避行』を読み終える

『出セイカツ記 衣食住という不安からの逃避行』(著:ワクサカソウヘイ)を読み終える。 出セイカツ記 衣食住という不安からの逃避行 作者:ワクサカソウヘイ 河出書房新社 Amazon 常日頃何気なく感じている「不安」。その出所はなんなのかを著者なりに突き…

『人生の土台となる読書』を読み終える

『人生の土台となる読書』(著:pha)を読み終える。 人生の土台となる読書――ダメな人間でも、なんとか生き延びるための「本の効用」ベスト30 作者:pha ダイヤモンド社 Amazon タイトルのとおり、人が生きる上でベースやヒントとなり得る本について、簡潔に…

「なぜ人に会うのはつらいのか」を読み終える

「なぜ人に会うのはつらいのか」(著:斎藤環 佐藤優)を読み終える。 なぜ人に会うのはつらいのか-メンタルをすり減らさない38のヒント (中公新書ラクレ 750) 作者:斎藤 環,佐藤 優 中央公論新社 Amazon 対談形式で読みやすい。

「健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて」を読み終える

「健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて」(著:熊代亨)を読み終える。 健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて 作者:熊代亨 イースト・プレス Amazon 人の抱える「生きづらさ」が昔と今でどのように変遷したかを、複…

「発達障害 生きづらさを抱える少数派の「種族」たち」を読み終える

「発達障害 生きづらさを抱える少数派の「種族」たち」(著:本田秀夫)を読み終える。 発達障害 生きづらさを抱える少数派の「種族」たち (SB新書) 作者:本田 秀夫 SBクリエイティブ Amazon

「隠居生活10年目 不安は9割捨てました」を読み終える

「隠居生活10年目 不安は9割捨てました」(著:大原扁理)を読み終える。 隠居生活10年目 不安は9割捨てました 作者:大原扁理 大和書房 Amazon

「となりのハト 身近な生きものの知られざる世界」を読み終える

「となりのハト 身近な生きものの知られざる世界」(著:柴田佳秀)を読み終える。 となりのハト 身近な生きものの知られざる世界 作者:柴田 佳秀 山と渓谷社 Amazon 鳩に関するあれこれを、やや軽忽な文調でまとめられた本。 今の住まいに移り住んで一年。…

「「シティポップの基本」がこの100枚でわかる!」を読み終える

「「シティポップの基本」がこの100枚でわかる!」(著:栗本斉)を読み終える。 「シティポップの基本」がこの100枚でわかる! (星海社 e-SHINSHO) 作者:栗本斉 講談社 Amazon シティポップが隆盛していたころの世代ではないのだけど、音楽に興味を持つよう…

「人は2000連休を与えられるとどうなるのか?」を読み終える

「人は2000連休を与えられるとどうなるのか?」(著:上田啓太)を読み終える。 人は2000連休を与えられるとどうなるのか? 作者:上田啓太 河出書房新社 Amazon 「連休初日と2,000日後で生活がどう変わって、自分はどうなったか」という部分の心理描写の…

「存在消滅 死の恐怖をめぐる哲学エッセイ」を読み終える

「存在消滅 死の恐怖をめぐる哲学エッセイ」(著:高村友也)を読み終える。 存在消滅──死の恐怖をめぐる哲学エッセイ 作者:高村 友也 青土社 Amazon 頭の中にあるモヤモヤしたものを、なんとか文章にして書き出したい、書き留めておきたいと思ったきっかけ…

「獄中で酔う 逮捕という非日常がもたらす意識変容と愉快な留置場生活」を読み終える

「獄中で酔う 逮捕という非日常がもたらす意識変容と愉快な留置場生活」(著:青井硝子)を読み終える。 獄中で酔う 逮捕という非日常がもたらす意識変容と愉快な留置場生活 作者:青井硝子 彩図社 Amazon なんというか、罪の意識が無いと、留置場だろうが裁…

「安楽死のできる国」を読み終える

「安楽死のできる国」(著:三井美奈)を読み終える。 安楽死のできる国 (新潮新書) 作者:三井 美奈 新潮社 Amazon 安楽死に積極的な国オランダの、法整備を中心とする死に対する料理の仕方をレポートされたもの。 「積極的」と表現したけれど、正確には「人…

アーミッシュ関連の書籍2冊を読み終える

アーミッシュに関してまとめられた書籍2冊を読み終える。 「アーミッシュ もう一つのアメリカ」(著:菅原 千代志) アーミッシュ: もう一つのアメリカ (BB Books) 作者:菅原 千代志 Amazon 「アーミッシュ」(著:堤 純子) アーミッシュ 作者:堤 純子 未知…

「デジタル・ミニマリスト スマホに依存しない生き方」を読み終える

「デジタル・ミニマリスト スマホに依存しない生き方」(著:カル ニューポート 訳:池田 真紀子)を読み終える。 SNS使いすぎ。使うツールを厳選し、スマホに触れるをの必要最低限にして、空いた時間を有意義なことに使おう。という内容。 デジタル・ミニマ…

2021/12/29 (水) ほろ酔い道草学概論

白湯に柚子の皮をひとつまみ落とすのが、最近のトレンド。 ゆずピールカット (内容量:50g) 国産ゆず皮 柚子果皮部 ユズカットタイプ ユーン Amazon 久々に漫画を一冊読む。 「ほろ酔い道草学概論 インドアな私が酒と街歩きにハマるまで」(著:zinbei) ほ…

2021/11/18 (木) 時間の比較社会学/ジャンクフード多量摂取日

ボーっとしながらも、なんとか書き上げた。 morning-sneeze.hatenablog.com やっぱり、この時代のスピーカーはデザインも音も好みだな。 3時前。急に冷え込んできた。 10時起床。 身体は重いまま。眩暈は多少落ち着いてきたか。 陽が照っているわりには、昼…

2021/09/20 (月) 森の生活

2時。またこのまま椅子の上で寝てしまいそうだ。 朝食は久々にパン。 あとコーヒー。 ブラジル/ミナスジェライス/ボンジャルディン農園。ブルボンアマレロ。パルプドナチュラル。 豆の状態から強いカカオの香り。チョコレートだ。これ。 淹れたお味は、円…

2021/07/01 (木) 雨音/JBLのすべて

深夜、倦怠感は引き続きあるものの頭痛がようやく引いてきたので、昨日できなかった読書を進める。 この半年、月に一冊すら読み終えていない。配達業務をウーバーイーツだけ行っていた頃は、送迎の合間に電子書籍をスマホで読んでいたけど、出前館を始めてか…

2021/05/26 (水) muute/できる人はできる

暑くて水ばかり飲んでいる。深夜でも室内は28度以上ある。6月もまだだというのに。 遅めの起床。 朝食用として昨日弁当を買っておいたのを忘れて、適当に菓子パンを食べてしまう。 petitmatch.hatenablog.com 読む。 noteのエクスポートツールっていうのがあ…

2021/05/17 (月) 生まれてきたことが苦しいあなたに/いえめぐり

5月、半分終わっちゃった。 起き抜けから疲れている。身体に力が入らない。昨日の疲労が今日になって表出しているような気がする。 睡眠ログによると、覚醒時間が通算一時間以上あったらしい。疲れ過ぎで眠れていないのか。 サイクリングの走行距離は半分く…

2021/04/06 (火) なぜデジタル政府は失敗し続けるのか/Mi WatchのGPSを試す

初競馬に10,000円突っ込むの、明らかに危険なんだけど、ウマ娘換算だと「ん? ジュエル5000個やろ? 10連3回回したら終わりやで」になるので、ホモ・サピエンスの金銭感覚は雑 — 蝉川夏哉 (@osaka_seventeen) 2021年4月4日 だからソーシャルゲームは続かない…