いつか消える文章

本当は、ペンとノートを持ち歩くことにあこがれている。

読書

(noteアーカイブ)2020/04/23 (木) アーティスト症候群

Folding@homeは、今なお継続している。 foldingathome.orgそれに伴って電気代がどうなっているのか。結構怖い。 起き抜けに二日酔いのような気だるさがのしかかる。一滴も飲んでいないのに。身体を起こすのに時間がかかる。貧弱なのに運動しすぎたせいで、限…

(noteアーカイブ)2020/03/28 (土) お花見/Folding@home

コンセンサス。 久々に夢をみた。ピアノを弾く妹に近づき、横から肩を叩く。というもの。どういったシチュエーションだったのだろう。断片的でさっぱりわからない。 目黒川の桜並木、人が少なくて快適。 これくらいでいいんだよ。これが本来の「お花見」なの…

(noteアーカイブ)2020/03/24 (火) 人が減った/ひとりでしにたい

ウーバー配達アプリ、早朝にバグフィックスを含むアップデートが入る。アナウンスがないけど、これで復旧かな。配達に行ってみるか。 風が強い日。 やっぱり直っているようだ。ようやく走れる。「玄関先に置く」を指定されていたのは1件だけ。まあ、そうだよ…

(noteアーカイブ)2020/03/11 (水) 疲れたパンダ/鬱ごはん

天気が良い。 渋谷。明治通りの街路樹に桃色の花が咲き始めていた。桜かな?目黒川はまだのようだ。 気温は20度。暖かく清々しい。これはサイクリングが捗りそうだ、と意気揚々とウーバー配達を始めるも、だんだんと気持ちが沈んでいき、最後の方は虚無感に…

(noteアーカイブ)2020/03/01 (日) 春/世にも奇妙な人体実験の歴史

無理だよ。その気にならなきゃ。 昨晩、辛いカレーを食べ過ぎた。胃がおかしい。ヨーグルトとかを食べて中和したい。 停車中の電車内。座席の左には大声で騒ぎ立てる子連れ。右隣にはこれも大声で独り言を垂れ流すおじさん。ホームでは駅の係員に向かって何…

(noteアーカイブ)2020/01/31 (金) 疲れてニヤニヤ/雑草で酔う

疲れていると、顔が自然とニヤついてくる。昔からそうだ。どういうわけか顔の筋肉が引きつって、口角が上がってくるのだ。意識せずとも自然とそうなる。これが自分の"疲れ顔"なのだろう。この状態だと、人からよく「何ニンマリしてるの?」といわれてしまう…

(noteアーカイブ)2020/01/21 (火) 徒然

1月ももう後半。早い。何もしていないな。 詩ができる。 morning-sneeze.hatenablog.com寒いので夏の曲っぽく。 朝起きるとイライラしている。なぜだ。 昨晩水筒に入れておいた白湯を飲む。 眼球はまだ冷たい。 電子書籍に慣れると、紙の本を持ち歩いて出先…

(noteアーカイブ)2020/01/19 (日) サピエンス全史/シュクメルリ鍋

他人のnoteを読む気が全く起きない。普段からあまり読まないが、今日は特にダメだ。内容が頭に入ってこないばかりか、文字を見ることそのものを拒否している。 詩ができる。 morning-sneeze.hatenablog.com 口笛を吹いていると、酸欠になる。 死ぬとき、後悔…

(noteアーカイブ)2019/12/27 (金) 「僕はなぜ小屋で暮らすようになったか」を読み返す

目覚ましとして毎朝鳴らしている携帯のアラームを聞き逃す。やはり身体が慣れてきたか。 熱はない。いつもの低すぎるくらいの平熱だ。しかし、肝心の喉は相変わらず痛い。これは一向に治る気配を見せない。タミフルを飲み、予定通り病院へ行くことにする。 …