いつか消える文章

本当は、ペンとノートを持ち歩くことにあこがれている。

2021/07/24 (土) 想定外の消耗

f:id:morning-sneeze:20210724234222j:plain

昨日からチマチマ書いていたメカニカルキーボードDIYキットの記事ができた。
寝よう。
 
変な時間に目が覚めてしまった。とりあえずこのまま起きていよう。
 
駅前に用事ができたので、向かったついでにそのまま配達業務を始める。夏の真昼間のサイクリングは、今年初めてか。
フードデリバリーの需要は高め。水筒に詰めた何倍にも希釈したソルティライチを飲みながら走る。
車多いな。あと、この連休中は救急車とすれ違うことが多い気がする。
帰宅。日焼け防止のアームカバーを付けずに走っていたので、腕がガッツリ焼けてしまった。
ズボンや下着に塩が浮いていることに気付いた。普段と比較にならない大量の汗をかいたせいもあるけど、今まで比較的涼しい時間帯にだけ走るようにしていたから、汗腺が衰えているのだろう。
 
遅めの昼食の後、シャワーを浴びる。夜間の睡眠時間が短かったので、そのあとはもしかしたら昼寝するかも。
 
水分の取り過ぎのせいか、お腹がユルくなっている。
 
赤くなった腕がヒリヒリし始めた。
 
もっとちゃんと調べたり、考えなければならないことがあるんだろうな。
 
22時前に起きる。昼間の稼働は、想定外に消耗するらしい。
 
なにもしなかった。
仕事をしていたら、以降は体調回復に費やすだけでほかに何も手をつけられない。
なんでみんな、そんな大量にインプットできるのだろう。いつしているんだ。
 
泣きたくなった
 

2021/07/23 (金) 読書が嫌いなわけではなかった

f:id:morning-sneeze:20210724002116j:plain

カニカルキーボードキットの記事用の写真を加工していたら、2時。
最近は夜型人間から自然と徐々に昼型に移行してきているので、これ以上の夜更かしは避けることとする。
 
起きる。
どうにもイライラして落ち着かない。最近何の前触れもなくこの状態になることが多いな。
 
世の中、くだらない物事ばかりなのに、そこに自分も含まれていることをもっと若い頃に気付くべきだった。
 
何もしたくない。
  

こういうの、無いよりはいいと思う。でも、読書感想文が嫌い、あるいは苦手と感じるのは、別の部分にある気もする。
自分は小学生時代、読書感想文が嫌いだったひとり。理由は複数あって、原稿用紙のマス目に文字を一文字ずつ書き込んでいくのが好きではなかったとか、漫画や雑誌はダメだという謎のルールが腑に落ちなかったのもあるけど、前段として当時は感想を自分以外の誰かに知られたくない、表明したくない人間だった。最終的に人に見せるための文章を強制的に書かされるのが嫌だったし、そのために本を選ばなければならないことが苦痛だった。
今はそんな奥ゆかしさも消え失せて、数年前から何か一冊本を読んだら日記と称して読書感想文を付けて、あろうことかインターネットに垂れ流している。小学生の自分からしてみれば信じがたいことだろう。でも、書いていられるのは、頭で覚えている内容の整理や、読んだ記録を付けておきたいからなんだけど、「書かずに自分の内に仕舞っておいてもいい」から続いているところが多分にある。書かなくてもいい。これ重要。もちろん、筆記具を用意しなくてよい、手書きでなくなった手軽さというのもあるのだけど。
だから、今でも誰かに「何でもいいから本を読んでこの日までに感想を書いて提出しろ!」と言われたら、間違いなくゲンナリする。思い浮かんだことを曝け出すのが事実上の義務になるから。
人間の読書との付き合い方と、自身のインプレッションをオープンにすることに対する性格の違い。そこは多様なはずなのに、授業の一環として枠にはめてしまうから、読書と作文に苦手意識が生まれる人はどうしたって出てくるのだろう。
 
パソコンのディスプレイに向かって、メカニカルキーボードキットの記事を書いている。ディスプレイの両隣にあるスピーカー「JBL 4312M mark II」で古いCD音源を鳴らしながらキーボードを叩いている。
4312M、設置してしばらくは楽しんで聴いていたけど、体調によっては高音が喧しく聴こえることがあるんだよな。癖が強くて、それが耳に合わないのかもしれない。

morning-sneeze.hatenablog.com

 

KBD67 Lite R2 を組み立ててみる

f:id:morning-sneeze:20210724002305j:plain

数か月前にKBDFANSにてグループバイで注文していたメカニカルキーボードキット「KBD67 Lite R2」が届いたので、組み立ててみた。その所感。
また、組み上がた本製品の打鍵音に関する印象についても記載する。

[IN PRODUCTION] R2 KBD67 Lite Mechanical Keyboard DIY KITkbdfans.com

 
作業風景を動画にしてあるので、ここではその補足として書き記す。


www.youtube.com


www.youtube.com

 

  • 入手の動機
  • キットパーツ
    • キャリングケース
    • 小物類
      • USBケーブル
      • スタビライザー
      • ゴム脚、ネジ類
    • プレート
    • PCB
    • ケースフォーム
    • ミュートシリコン
    • ケース
  • 組み立て
    • ケースを分離する
    • ガスケット用シリコンを取り付ける
    • スタビライザーの取り付け
    • ケースフォームを取り付ける
    • ミュートシリコンを乗せる
    • プレートを乗せる
    • ケースを結合、ゴム脚の貼り付け
  • キースイッチ
    • 仕様
    • 潤滑化
  • 完成
    • MA
    • NP
    • DSA
  • まとめ

 

続きを読む

2021/07/22 (木) みんな、それだけ/知って興味が失せる

f:id:morning-sneeze:20210723020959j:plain

動画を投稿した。 


www.youtube.com

昨日あげた動画の続き。タイピングサウンドはキーキャップのプロファイルによって結構変わりますよ、という内容。
打鍵音の好みはやっぱりMAなんだけど、背が高い故普段使いすると手が疲れてしまうので使えない。デザインもカッコよくていいんだけど残念。
 
そういえば、昨日はTwitterをほとんど見ていないな。
 
起床。しばらくインプットをしていなかったから、今日は読書でもしていようか。
 
みんな大変だな。
そして、結構適当だな。
 
自分が抱え込めるのはどこまでなのか、見極めないといけないんだよな。
何かしていないと何もできなくなるぞ、と漠然と思いつつ、でも何もすることはなくて、する必要もないし、何ができるわけでもないんだよな。
このまま年老いて、死ぬだけだ。ただそれだけ。
その時が来るまでの時間潰し。死ぬために生き長らえる。何かをしても、何が変わるわけでもない。殻を突き破った先に、一回り大きな殻の内側にいることを知るだけ。
山に降った雨水が、汚れながら川を下って、海に流れ着き霧散する。遡ることは許されない。みんながそうであるように。
それだけ。
 
JBLスピーカーに関する書籍をいくつか購入していたので、最近チマチマ読んでいる。だけど、読み続けることができない。すぐに飽きてしまう。熱中して読めない。

morning-sneeze.hatenablog.com

なぜか。少し考えてみて、スピーカーから出てくる音には興味があるけど、それには何を使用しているとか、どんな仕組みかとか、他人の聴感のインプレッションなんかについてはどうでもいいのだということに気付いた。せいぜい製品の設計思想だとか、そこに至るまでの歴史くらいがわかれば満足してしまう。パソコンの音声は常時耳にするので出音には拘りがあっても、そこ止まり。これ自体、いわゆる"オーディオマニア"ではないのでおかしいことではないのかもしれないけれど、JBL、むしろオーディオ全体に対して、片足を突っ込んでもいない、中途半端ですらない、上っ面をちょっと舐めているだけの、傍から見れば失礼な存在だったんだなと自覚した。
書籍にあるような専門的な言葉を駆使して分析や評論できるような人間にはなれないし、こうなりたいとも思わないのだった。
 
また、読んでいくうちに熱が醒めてしまったのもある。
聴覚はそのうち否が応でも劣化して、特に高域の細やかな音はだんだんと聞こえなくなってくるという。おそらくそれは真実なのだろう。とすれば、スピーカーの性能を100%体感できなくなる。
それを踏まえて誌面を眺める。自分より明らかに年長のオジサマ方が、目を疑うほど高価で厳ついアンプとプレイヤーを用いて、広いリスニングルームにスピーカーとともに鎮座してあれこれあげつらっている様を見ていると、自然と心が萎えてくる。
オーディオって何なんだろう。
 
自分にとっての「心地良い音」は確かにある。でも、満足できるスピーカーを追求し、とっかえひっかえしてようやく見つけたものをきちんと評価できるかは別問題。要は、スピーカーの性格を好きになりたいのに、それが不可能になる未来が見えたことが虚無感を生んでいるのだ。そこに時間とお金を費やして何になる、との思いが大きくなりつつあるのだった。
 
こうして、自分の中の興味がひとつひとつペロンと剥が落ちていくのだろう。
 
配達業務に出遅れる。それでも、祝日の高需要とインセンティブに助けられて、時給換算ではそこそこな額となった。いつもこれくらいだといいのだけど。
 
今日もお腹が空かない。またチーズをかじることにする。
 

2021/07/21 (水) 何番煎じ/人多すぎ

f:id:morning-sneeze:20210722001234j:plain

昨日一日かけて編集した動画のアップロードは、完了まで結局4時間以上かかり、日付を跨いでしまった。
 
昼間に大して食べていないので、深夜になってお腹が空き始めた。だけど、ちょっと抓めるようなものが無い。
じゃあ、寝るか。
 
先日送られてきたメカニカルキーボードキット「KBD67 Lite R2」の組み立て動画。やっと投稿できた。


www.youtube.com

キーボード本体に必要なものはキット内に全部揃っていて、あとはお好みのキースイッチとキーキャップを別途用意するだけ。これで送料込み$120ドルくらいなら十分だよな、という内容。組み上げ自体も全然難しくない。
以前たまたま入手していたキースイッチ「Mint Linear Switches」が、これまた偶然ケースのカラー「Transparent Tiffany」とほぼ同色だと判明したため、それを組み込むことによってほかの動画と少しだけ差別化できたのはよかった。とはいえ、いったい何番煎じなのかわからないけど。
 
深夜でもエアコンを止めるとすぐ室温が上がって30度に到達してしまう。やっぱり冷房は丸一日必須なのか。
 
起床。直後に眩暈。一時間以上動けず。
 
今日は、夜中に投稿した動画の続きを作る。そのあと、体調が良ければサイクリングに出よう。
 
夕方から配達業務。需要は高いけど配達員も多く、出前館は競争率が高い。自分がその一員であるように、夏は灼熱の日中を避けて、夜に稼働人員が集中するのだろうか。
しばらくハイペースで駆け回っていたものの、日没後はどのお店も調理が遅れ、予定通りの受け渡しができないことが多発。おかげで効率が落ち、いつもと変わらないお賃金に終わる。
というか、連休は明日からだというのに、街はもう人でごった返している。店内にいるとすぐに喉が痛くなってくる。
なんだかな。
 
結構身体を動かしたのに、お腹が全然減らない。
ビールとチーズだけにしておこう。
 
動画が完成したのでアップロード作業。サムネイル制作、地味に面倒だな。