いつか消える文章

本当は、ペンとノートを持ち歩くことにあこがれている。

2022年6月 身辺雑記

 

日記

 

6月1日(水) やなせたかし

18時から22時過ぎくらいまで眠る。
午前中に気張って寝ないでいても、夕方には事切れる。一日に2回眠るのは、今の薬を飲み続けている限りデフォルトとなりそうだ。
 
日中の睡眠について考えるとき、いつも頭に浮かぶのが、故やなせたかしである。
かなり前、やなせたかしが一日のスケジュールに複数回の睡眠時間を設けていたことを知って、そういう生活の仕方もアリなのか、でも、やなせたかし御大だから許されるのかな、とか思ったのだった。それが今でも、頭の片隅に居座っている。
ただ、自分がそれをしようとすれば、計12時間以上眠っていることになる。一日があっという間に経過する気がして、実行には踏み切れずにいた。
だけど今は、結果として日中に半ば強制的に眠らされているようなものだ。むしろ自ら進んで生活習慣に組み込んでしまえば、目が覚めたときの罪悪感が薄れ、ストレスが少ないのではないか。
 
次回の病院外来の結果如何で、未知の習慣を組み入れることになるかもしれない。
 

6月3日(金) 雨雲南

昼前。食糧の買い出しに行こうと、外に出るための"気"を朝から徐々に練って、いざ行かんと着替え出した途端、遠くから「バコン」と雷鳴。
でっかい雨雲が、東京から南下してくる模様。

音は徐々に大きくなり、すぐに雹混じりの雨も降りだした。
こりゃしばらくダメだ。
 
今日は、本が読めた。30分くらいだけど。
天候が崩れると、体調が持ち直される。
 
雨は結局、夕方まで降っていた。
 

6月5日(日) そうもいかない

2時から5時前。朝食を終えて6時から8時。9時から14時過ぎ。眠っていた時間。
 
今日しようと思っていたことがすべてすっ飛んだ。買い物をなんとか終えて、昼食のパンを食べ、これを書いているのが15時半。また眠くなってきた。
とにかく眠い。いくらでも寝ていられる。
別に、それでいいならそうしている。だけど、そうもいかない。
この「そうもいかない」をなんとかしたい。結局これって、「金を稼ぐための行動」のことを指す。金を稼ぐことは、生きることに直結する。最低限の生活とやらをするための、最低限の行為。眠気を抑えてでも、しなければならない所業。
おかしなはなしである。
本能的に抗えない睡眠が、人生におけるいわば"本業"だとすれば、自転車に跨ったりはんだごてを持ったりするのは"副業"だ。だけど、副業をしておかないと本業のほうを満足にこなせなくなる。
仕組みとして破綻している。そもそも設計がおかしいのか?
 
くだらないこと考えていたら、16時前。眠い。
 
夜。仕事用のiPhoneを使おうとしたら、タッチパネルの反応が無くなっていた。故障のようだ。
だけど、原因が思い当たらない。昨日までは特に問題なく動いていたのに。
 
なんにしても、修理に出さなければならない。痛い出費だ。
 

6月6日(月) iPhone 8の修理

朝から雨。予報によると、丸一日降り続けるらしい。
出掛けるべきでない天候なのだけど、昨日故障したiPhoneの修理と、パーツの買い出しのために秋葉原へ行くことに。
 
今日も午前中はほとんど寝て過ごしたので、始動が昼前になった。
現地到着後、修理店で手続きをしてiPhoneを預けてから、少し遅めの昼食へ。
つけ麺を食べる。三田製麺所の「鯛だし塩つけ麺」の"冷やしスープ"。麺は中盛。

スープがあっさりし過ぎていて、そのままではイマイチ。黒コショウをふりかけてちょうど良い感じ。
あと、スープはやっぱり温かいほうがいいな。
 
駅周辺は強烈なビル風で、嵐みたいになっていた。傘がまともにさせない。
 
おなじみコイズミ無線に寄り、スピーカー修理のパーツを確保。ヨドバシAkibaで時間を潰したあと、修復されたiPhoneを受け取って、帰還。
その間、雨はいっさい止むことはなかった。

iPhoneの故障の原因を、修理店スタッフに尋ねてみたところ、水没でなければタッチパネルの自然劣化だろうとのこと。
まあ、たしかに、配達業務で酷使しているiPhone 8だ。水没はしたことないけど、雨くらいには濡れている。劣化が速まったのかもしれない。
 
実のところ、ヨドバシAkibaスマホ売り場でMNP利用の乗り換えキャンペーンみたいなことをしていたら、その場でスッパリ現行機種に乗り換えてしまおうと思っていた。
しかし、キャンペーンこそしているものの、たいして安いわけでもなかったので、応急的な修理を選択したのだった。
もうしばらく、iPhone 8には働いてもらうことになる。
 

6月10日(金) povo

今月末で0円運用できなくなる楽天モバイルから、「povo」に乗り換えた。
届いたSIMカードを、先日修理したばかりのiPhone 8に挿入。問題なく動作。
しかし、「トッピング」をしていない素の状態だと、データ通信はメールの送受信くらいしかできない。マップのアプリはおろか、ブラウザの動作もどのページを開いても画面遷移が遅すぎて、停止しているのと同義。
その点は承知の上で契約したのでいいのだけど、通信速度が多少遅かろうが「遅いなりに実用に足るだろう」くらいに思っていたので、少し残念ではある。
このiPhoneは、必要に応じて月550円で5分以内かけ放題の「通話トッピング」を付けて、通話専用機として運用するつもり。
 

6月12日(日) 三度寝

8時前に起床。朝食。二度寝
11時起床。昼食。三度寝。
14時起床。これだけ寝ても、横になればまたすぐ眠れるだろう。
オランザピン錠の服用は、先週から量を半分にし、夕食後ではなく朝食後に飲むように変更した。それでも、日中ひたすらに眠い。
たしかに、気性は穏やかになった。というより、アップダウンが無くなり、平滑化されたと表現したほうが合っている。
医者にも、このあたりの状況は伝えた。「それを狙っている」とのこと。この、軽くのぼせたようなフワフワした状態になることを、狙ったのか。
 
服用前より過ごしやすくなったかといえば、たしかに「やり過ごす」という点では、そのとおり。ただ、それは単に、何もできずボーっとしているか寝ているかのどちらかなのだから、当たり前である。
わけもなく「悲しい」と思うことが減った反面、何に対しても興味が失せ、考えることすべてがうやむやになり、やる気がしない。腹が減るから食べて、眠いから寝るだけ。
 
いったい、何を治そうとしているのだろう。この状態を続けていくのだろうか。
いや、別にいいんだ。何もしないで生きてゆけるなら。
そうでないから問題なのだ。
 
予報には無かった夕立があった。
雨音が心地よく、それでまた眠くなり、16時ごろまで眠った。
 

6月15日(水) 異質の空気

喉が痛い。
昨日夕方、荷物配送の集荷に来た人と軽く話をしたときから、喉に違和感がある。喉奥がものすごく乾燥しているような、いがらっぽさ。
 
こういうのは初めてではなく、昔からある。以前は、周辺を見回りしている駐在所のお巡りさんと、今回と同じように会話をしたところ、直後に喉を痛めた。お互いマスクをしていても関係ない。
 
人と会わなければ風邪をひくことがないのは、勤め人の頃から気付いていた。無職となり誰かと直接会話することが稀となってからは、発熱するような風邪をひくことはほぼゼロ。
だけど、忘れた頃に、一言二言誰かとしゃべるだけで、途端に風邪っぽくなる。
 
思うに、宅配や巡回など、常に屋外を動き回っている人は、なにか特有の空気を纏っているように感じる。電車やバスの中とか、スーパーやコンビニなどの建物の中などとは異なる。どちらかというと加齢臭やタバコの臭いに近い、枯れたような質感の空気だ。属人的っぽいから、体臭の一種なのだろうか。
それを吸い込んでしまうと、どんなに体調が良くても一発でアウト。そこから風邪に発展しないよう、しばらく養生することになる。
 
この文章を打ち込んでいるのは、3時半を過ぎたあたり。痛み始めてからそろそろ12時間になる。
少し深めに息を吸い込むと、肺の手前あたりまで圧迫感が広がってきたのがわかる。まだしばらく続きそうだ。
対策できない。というか、しようがない。予防として、人と会わないようにするだけだ。
 
なんとも、社会に不都合な、難儀な身体で生まれてきたものである。こういうときにつくづく思う。
 

6月17日(金) ゲームがしたい

喉の痛みは、治るまで丸二日かかった。
その間、ひたすら眠くて寝ているだけだった。何もしていない。
 
パソコンでゲームがしたい。長時間何も考えず、食べたり眠ったりも放り出してひたすらにゲームがしたい。
Steamを覗くも、あまりグッとくるものがない。あっても、値が張って手が出ない。
Steamを閉じる。ちょっとインターネットをして、寝る。
 

6月18日(土) 生存の権利

これだな。まさに。
お金を稼げると、この世界で生きてゆくことを許される感じ。
お金を持っていることは、生きることの免罪符。
 
薬の飲み方を、また変える。血中濃度が最大になるタイミングで就寝時間となるように、夕食後にタイミングを見計らって飲むようにする。
しばらくは、これでいこう。
 

6月19日(日) 寝たきり状態

ここ一週間くらい、自宅に籠ったまま何もしていない。
朝起きてしばらくするとすぐに眠気が来て、午前中は寝ていることが多かった。動けるようになるのは夕方の16時以降だけど、丸一日意識がハッキリしない日もあった。
この間、スピーカー整備もほとんどしていない。あえてしたことといえば、荷物の送りだしと読書を数ページくらいか。
 
先月から飲み始めたオランザピン錠。身体との相性は良さそうだけど、ほぼ寝たきりの状態に近い。量を減らしても変わらない。
この薬を飲み続けていられるのは、何もしなくても生きていけるだけの何かしらのバックアップがある場合だろうな。その前提が構築されていないと、いずれカネが尽きて生活が崩壊する。
かといって、飲まないでいれば解決かというと、そういうわけでもない。何ができるわけでもないからだ。
いっそ、寝たきりのほうが幸せなのかもしれない。
 

6月22日(水) 瞬間的に仮眠

最悪の体調で病院外来の日が来てしまった。
普段使うことのないスマホのアラームで目が覚め、その瞬間から身体が重力に反することができないことを知る。
朝食は外来が終わってからゆっくり済ませることにして、無理やり動いても良くなることはないことを理解しつつ、バス停まで歩く。交通機関がかなり順調なときで、片道1時間の道のり。
あまり前が見えていない状態でも、外野からはなるべく平然と歩いているように見えているか、オフィスビルの大きな窓ガラスを姿身代わりにして確認する。
 
無理に出てきたのは、病院のあと、月に一度の楽しみとしている温泉に向かうつもりで準備をしていたからだった。しかし、軽く虚脱も出てきている今、それどころではない。断念。
日を改めるべきだったと後悔。本来は午前中ひたすら眠っていなければならない体調だったのだ。
頭が回っていない。目が回るばかり。
 
スーパーの総菜パンを2個買う。駅ビルのなかの、人気の少ないベンチで開ける。
胃が空っぽである。食べてエネルギーを蓄えれば多少楽になるかと思ったけど、ほとんど変化が無い。
期待はしていなかったので、問題ない。こんなもんなのだ。
 
調剤薬局に処方せんを出す。椅子に腰かけたら、意識が一瞬飛ぶ。
名前で呼び出されて、引き戻される。十数分くらいの短い時間だったけど、瞬間的に仮眠したことで多少楽になる。
 
地元のスーパーでアイスクリームを買って、12時半ごろに帰宅。
陳列されたばかりだったのか、アイスクリームはカップの中で半分くらい溶けていた。
今日はもう、寝ること以外にできることはなにも無い。
 
17時過ぎに目が覚める。
最近食べ始めたフルーツグラノーラを皿に移し、ヨーグルトと一緒にポリポリかじる。
消費期限が一週間前の食パンを早く消費したかったので、それも焼く。
外からはパラパラと雨音が聴こえてくる。最近夕方に雨が降ることが多い。
 
まだまだ眠れる感覚。
なにもできない。
 
悲しいばかり。
 

6月25日(土) コントローラー

相変わらず、気力が湧いてこない。
 
なにかゲームをしたくて、Steamのセールで安くなったら買おうと思っていたアクションゲームを購入。
久々にコントローラーを引っ張り出してくるも、いくつかのボタンの反応がなぜか鈍いことに気付く。押しっぱなしにしたいのに、強く押し込んでいないと継続されない。内部のスイッチが劣化したのだろうか。
コントローラーは一つしかないので、しかたなくそのままプレイ。ただ、調子の悪いコントローラーの操作に慣れず、ゲームの面白さは半減。シビアなプレイのときに意図しない動作が発生するのはイライラする。
結局、エンディングを見たもののやり込み要素には手を付けず、止めてしまった。思いのほかやる気が削がれた。
 
中途半端。プレイの充実感よりも、時間を無駄にした感覚のほうが強い。
寝ていたほうがマシだった。
 

6月26日(日) 文章が出てこない

昨日今日と、記録的な暑さ。それでも、梅雨はまだ明けていないらしい。
体調は、まだ沈んだままでいる。暑くなれば浮かんでくるかなと思っていたけど、全然そんなことはなく、日中の体力の消耗が速まるだけだった。
 
キーボードで文字を打ち込む速度が、極端に落ちている。
それは、タイプミスが多いこともあるけど、以前よりも文章が頭に浮かんでこなくなったことが大きい。去年くらいまでは、脳内で組み上げたことをスラリと指先に伝えていた。だけど今は、文章それ自体が出てこない。「生まれてこない」というほうが合うかもしれない。
 
日記を毎日書きつけることを止め、ウーバーイーツなどの配達業務も止めた。そのあたりが関係しているのだろうか。それとも、これも薬の影響か。
 

6月29日(水) 暑さでどん詰まり

明け方、暑さで目が覚めてしまう。
今までは深夜はエアコンを使わず、明朝にタイマーで稼働させるようにしていたけど、それも間に合わないくらいの暑さらしい。電気代を気にしていられなくなってきた。
水を二杯飲み、昨晩洗い忘れていたシンク内の食器類を片付けて、冷房のスイッチを入れてから床に就く。
 
日中はほぼ動けない日が続く。体調が整わないところに酷暑が重なり、夕方まで寝てやり過ごすことしかできないでいる。
金を稼ぐ行為をしなければならないのに。
 
夜になればなったで、「もうちょっとうまく生きられないのか」と自問するばかりだし。
 
なんか、どん詰まりだな。
 

コーヒー

 

ホンジュラス/エル・ラヨ・デ・ピカーチョ

ブルボン&IH90。ウォッシュド。ミディアムロースト。
「テラコーヒー」に寄れる機会があったので、そちらで購入。
ホンジュラスの豆は久々。「IH90」という品種は初めて口にする気がする。
豆の状態の芳香は、カカオ系の香ばしさとともに、花のような華やかさがある。
淹れてみると、浅めのローストらしいさわやかな酸味。香りはどちらかというと明るいフローラルな感じだけど、舌が感じる酸味はオレンジやグレープフルーツのような柑橘系。ブルボン種との混合だからだろうか。
また、苦味に力強さがある。後味が若干ザラつくものの、大して気にならない。
温度低めのお湯が合う。
 

東ティモール/コカマウ/オーガニック

ハイブリッドティモール種。ウォッシュド。フルシティロースト。
かなり久々の東ティモールのコーヒー。ハイブリッドティモール種は、今回初めて淹れる。
豆は粒が大振り。適度にオイルが染みていて、表面が光っている。香ばしいナッツ系の芳香。
淹れてみても、やっぱりナッツの香りがベース。しかし、体調が良いときには、ベリー系のほのかな香りも感じ取れる。
味のほうは、やや苦み寄りのバランス系。主張する苦味の中に、シュガー系の甘みがある。柑橘系の酸味があるものの、焙煎の影響かあまり感じない。
飲み始めに力強さがあるものの、後味は意外と軽い。舌に残る風味が若干穀物っぽいところは、親株であるロブスタ種の影響が出ているのかもしれない。
 

エチオピア/アダメ・マゾリョ

在来品種。ナチュラル。シティロースト。
こちらもテラコーヒーでゲットしたもの。
豆の状態では、ドラゴンフルーツのようなかなり酸っぱそうな香り。かすかにベリーの香りが混じる。
淹れたお味は、やはり酸味寄り。ブドウ系の甘酸っぱさがある。ただ、風味は香りほど強くはなく、ほかのエチオピアの豆と比較すると、むしろスッキリめ。
ナチュラル特有の甘みのあるコーヒーは、冷めても美味しくいただける。また飲みたい。
 

書いたもの

 

オーディオ

読書

morning-sneeze.hatenablog.com

morning-sneeze.hatenablog.com

 

ゲーム

morning-sneeze.hatenablog.com